小中高大学生で留学する場合の情報提供しています。主にシンガポール、ニュージーランド、フィリピン、オーストラリアなどを掲載しています。

日本教育よりも留学教育が子供にとって良い6つの理由

スクリーンショット 2015-10-07 19.12.13

海外留学をする場合には、やはり語学力が身につきやすいです。そのため、子供の将来を考えるならば、留学教育を行っていくというのも1つの選択肢にはなると思いますから、親としては日本で教育を受けさせる以外の選択肢も持っておいた方が良いかもしれません。

 

海外の教育と日本の教育の違い

1番の違いは、やはり少人数で、特にマンツーマンで授業を教えるスタイルが定着していることではないでしょうか?もちろん、全ての国ではないですが、マンツーマンですから、個別指導の塾のような感じで、授業が特に濃密になりやすい特徴を持っています。

 

日本では大人数で授業を受けるのが普通

日本では、小学生などの小さい頃からクラス単位で授業を受けるため、1人1人に対する指導が行き届きづらいです。それが当たり前というのが日本人の感覚かもしれませんが、例えば、フィリピンはマンツーマンで教える機会が多いです。

日本でも個別指導の塾などは人気となってますが、それは学習の進捗度がより高いと期待されているからでしょうし、それは留学にも共通する部分だと思います。

 

マンツーマンだからこそ得られるメリット

フィリピンシンガポールなど、海外では授業スタイルはマンツーマンになることも多いと言いましたが、日本のような大人数の場合だとどうしても恥をかきたくない気持ちが先行してしまい、分からないところを授業中に分からないと言えなかったりする場合もあるのではないでしょうか?

 

先生との1対1だと、他人の目を気にしないで良いので、質問などもしやすいですし、より学習が捗る可能性があるのです。ちなみに留学先として人気のアメリカは日本と同じ大人数での授業になります。

 

日本ではできない体験が海外留学中にできる

教育というのは、別に勉強だけではないです。他者とのコミュニケーションやいろいろな取り組みを通じて、肌で感じる部分もあります。日本ではできないようなこと、行われていないようなことが海外では体験できますから、そういった異文化に触れることを大人になる前にしておくことは、勉強以外の教育的視点から見ても望ましいと言えるのではないでしょうか?

 

将来、仕事をするときに生きる

子供のときに海外留学をしていると、就職をするときや仕事をするときに有利になったりすることがあります。日本で教育を受けている場合では得られない体験をしてきた人材はやはり貴重なのです。海外進出を果たす企業が昨今多く、特に他のアジアの国へ赴任する従業員も多いです。

 

そのときに海外での生活の経験があったり、特定の国への留学経験があると、企業としても非常に重宝する人材になりますから、留学をしていた経験は大人になっときにも生きてくる面があります。

 

親子留学の場合に必要な期間は?

親子留学は様々な期間に対応可能ですが、何を目的に留学するか?にもよります。語学習得のためであれば、夏休みや冬休みを利用した数ヶ月から1年とかが良いかもしれませんし、幼少の頃からの教育自体をトータルで受けさせる目的ならば、数年以上ということになります。目的次第で適切な期間は変わってくると思います。

 

最新記事一覧