小中高大学生で留学する場合の情報提供しています。主にシンガポール、ニュージーランド、フィリピン、オーストラリアなどを掲載しています。

【時差で連絡できない】小中高学生のイギリス留学時に知っておくべきメリット&デメリット8つ!

スクリーンショット 2015-08-03 13.12.47

英語を学ぶ上ではやはり英語圏の環境に身を置く語学留学があげられますが、数有る英語圏の留学先の中でも、英語の発祥の地イギリスは真っ先に話題に上ります。

 

小学生・中学生・高校生のお子さんをお持ちでうちの子を留学させたいと思っている親御さんにとっても、

非常に関心がある情報なのではないでしょうか?

 

それではイギリスに学生のお子さんを留学させる上では、どんなメリットとデメリットがあるのかについてまとめていきたいと思います。

 

イギリスに留学するメリットとは?

 

1.本場の英語が学べる

イギリスはなんと言っても英語の本場です。日本でお笑番組を見て関西弁が理解出来たとして、関西で違和感なく使えるでしょうか?日本はまだ英語に関しては遅れていまして、実際は帰国子女でもない限り綺麗な発音で英語を使う人は少ないですね。

 

英語の基礎は他の国でも学べるところは多いですが、やはり本場に身を置くことは言語の習得には最適な手段となります。

その土地の言葉を学ぶには、その土地の文化などを知る必要があります。それが出来るのは世界でも限られています。

ここがイギリスで英語を学ぶ最大の魅力です。

 

 

【2】質の高い英語が学べる

英語の本場ですから当然ですが、英語教育の歴史が長いです。その為質の高い語学学校が多いです。

またコースも一般の英会話などだけでなく、ケンブリッジ英検、各種試験対策プログラム、

ビジネス英語など語学+αのバリエーションが豊富にあります。
中高生からシニアまで、コースの対象年齢が幅広いのも特徴です。

 

 

【3】生徒が多国籍

イギリス留学の特徴のひとつとして、ヨーロッパ系の留学生が多いというのがあげられます。

カナダやオーストラリアですと日本人も多いですが、地理的にヨーロッパの人が英語を学ぶ場合イギリスへとなりますので、

日本人の割合が低く、必然的にクラスメイトとの交流も英語を使うしかない環境となります。
中学生のお子様が、渡航先で日本人としか話していなかった。

となりますと、残念な結果ですが、多国籍のクラスメイトとの交流は嫌がおうえにも英語を必要とします。

この環境に身を置く事が留学の魅力の一つです。

 

 

【4】半年未満はVISA不要

中学生のお子様が学校の休みなどを利用して、イギリスに短期留学をする際は特別な準備は不要です。

イギリスでは半年未満の留学は観光という扱いになり、

アメリカの様に事前に学生VISAを取得する必要もなくそのまま入国し、留学が可能です。

 

イギリスに留学する場合のデメリットとは?

 

【1】物価が高い

イギリスでは様々な都市で中学生のお子さんの留学を受け入れをしていますが基本物価が高く、

特にロンドンでは交通費や外食産業の価格は割高です。その一つには日本と比べ質の低い顧客サービスもありますが、

その為より一層物価が高いと感じます。日本の商品も手に入りますが、

こちらも非常に割高で長期に渡り留学する際は、かなりの負担となります。

 

【2】天候が変わりやすい

イギリスの天気は1日のうちに四季があると言われるほど変わりやすいです。

雨が降っても数時間もすれば、また晴れてきます。

 

 

中学生のお子様の夏休みなどを利用してイギリスに滞在する場合、昼間は日差しも強く暑いですが朝晩は冷え込みますし、

雨が降ると更に冷えます。こういった気温の変化になれていない中学生のお子様ですと体調を崩すこともあるでしょう。

 

短期での留学で体調を崩しては残念な結果になります。

薄手のセータや羽織ものを用意するなど、その日に応じた体調管理が大切になります。

 

【3】まじめな国民性

英語を学ぶ渡航先の中で、アジア圏は概ね明るく気さくな国民性で、アメリカなども割とダイレクトにものを話すのが良いマナーとなれていますので、シャイな日本人でも海外では割と話しやすい環境ですが、良い意味でまじめなイギリス人は初対面の人と話すのが恥ずかしいとする国民性でプライベートな事も尊重します。イギリス人は天気の話が好きと言いますが、話すきっかけとして重宝しているようです。中学生のお子様がイギリスで生きた会話を楽しむ際、ご自身から積極的に行動する必要があります。

 

【4】時差で日本の友達と連絡が取れない

日本とイギリスの時差は9時間(サマータイム実施時は8時間)あります。

イギリスで授業が終わった夕方が日本時間では深夜にあたります。

 

 

小学生、中学生のお子様がおひとりや少人数で留学している時など、連絡がとりにくくもあります。

また、サマーキャンプなど数週間のプログラムに参加の場合も、体が慣れるまで大変で帰国後も直ぐに学校の授業がある場合など中学生のお子さまの体調管理も大変となりますので、留学時期もしっかりと検討する必要があります。

 

中学生のお子さんをイギリスに留学させる上でのまとめ

中学生のお子さんをイギリスに留学させるメリットとデメリットについてあげてきましたが、いかがでしょうか?

 
ロンドンなどの大都会での滞在となりますと物価も高く、留学費用も高価なものとなりますし格式の高いブリティッシュ英語は少々、中学生のお子様の留学先としてハードルが高く感じられるかもしれません。

 

まずはサマーキャンプなどの短期なプログラムに参加してアクティビティを通じて、英語に慣れるきっかけを作ることから始めるのも良いでしょう。

 

 

世界でも最高水準の英語教育プログラムを持つイギリスが中学生のお子さんの留学を、検討されている親御さんにとっても大変魅力的な渡航先であると言えます。

最新記事一覧