小中高大学生で留学する場合の情報提供しています。主にシンガポール、ニュージーランド、フィリピン、オーストラリアなどを掲載しています。

フィリピンに留学する際に知っておきたいキリスト宗教のこと6つ

スクリーンショット 2015-10-07 18.16.46

【1】フィリピン人は敬虔なキリスト教徒ばかり

フィリピン人というのは基本的に南国気質という事もあり、明るい人が多いです。
誰でもすぐ話しかけてくるくらいフレンドリーですし、結構細かい事にこだわらない大ざっぱなところもあります。
しかし、こんなフィリピン人ですが、キリスト教の信仰にかける情熱は並大抵のものではありません。

 

【2】世界でも有数のキリスト教を熱心に信仰している国

最近、アメリカやイギリスのようなキリスト教の国でも若い人が教会に行かない事が嘆かれていたり、昔ほど宗教的行事の重要性が失われているなど一般にキリスト教に対しての信仰は弱まっている傾向があると考えられています。
ただ、ここフィリピンにおいては人々は非常にキリスト教の信仰に熱心です。
世界でもこれほどキリスト教の信仰に熱心な国は珍しいのではないかと思います。
仕事は適当にやっているおじさんや夜のお店で働いているお姉さん達でも日曜日の教会通いや朝教会に行くのは欠かしません。
そのため、もしフィリピンの家庭にホームステイをするような場合は教会に週末は一緒に行くというような機会は多くなるかもしれません。

 

【3】何かあったらまず神様に祈るフィリピン人

また、宗教心が強い事が影響しているのかもしれませんが、何かあった時に日本人であれば自分の自己責任で何とかしようと考える傾向がありますが、フィリピン人はまず神様に祈るという傾向があります。
極端な話、病気になったらまず病院に行くよりも教会で病気が治る事を祈るといった感じです。

 

【4】キリスト教について否定的な事を言うのはマナー違反

そのように熱心なキリスト教信者が多いフィリピンなので、間違ってもキリスト教を軽蔑したり否定したりするような事を言うのは辞めましょう。
このような言動はトラブルのもとになります。

 

【5】フィリピン人は無宗教を理解しません。

そして、日本人にはありがちですが、宗教を聞かれた時に無宗教というのも出来れば避けた方がよいでしょう。
フィリピン人は敬虔なキリスト教徒が多いので、あまり無宗教という概念を理解しない人が多いです。
そのため、無宗教というと非常にへんな顔をされます。
したがって、あまり信じていないにしても一応仏教及び神道と答えておくのが良いでしょう。

 

【6】フィリピンのクリスマスは大盛り上がり

また、これだけ熱心にキリスト教を信じているフィリピン人であるので、クリスマスは大盛り上がりです。
すでに10月くらいの段階からお店にクリスマスの飾り付けがされていたりします。
また、世界で一番長いクリスマスを過ごすのはフィリピン人であるといわれるくらいで、クリスマスの間は長い休暇になって仕事も学校も休みになります。

 

関連記事

最新記事一覧