小中高大学生で留学する場合の情報提供しています。主にシンガポール、ニュージーランド、フィリピン、オーストラリアなどを掲載しています。

ドイツに小中高学生(子)が語学留学するメリットとデメリット計10個【費用・相場・まとめ】

ws000021

ドイツは、日本国内から留学する学生も多い国となっています。外国人が生活しやすい環境が整っており、経済的にも安定していることから、語学や芸術などを専門的に学べる国となっています。

 

首都ベルリンをはじめとして、フランクフルトやミュンヘンなど、歴史的な価値を確かめられると共に、最先端の近代的な暮らしも実現することが可能です。治安も良いため、女性ひとりの留学にも適しています。

 

ドイツ留学をするメリットをいくつかピックアップしてみましょう。

 

小中高校生ドイツ留学をするメリット5個について

【1】語学留学に適しています。母国語であるドイツ語を本格的に学べるのはもちろんのこと、基本的に英語が通用するため、バイリンガルを目指している人にもぴったりです。日本の大学と提携している学校も多く、学習の選択肢も豊富です。
【2】物価が安定しており暮らしやすいです。先進国の中では物価も安い方で、経済的にも安定しているため、節約した留学生活も実現しやすいでしょう。学費も低額に抑えやすいので、現地の語学学校なども利用しやすくなっています。

 
【3】ヨーロッパ圏内へのアクセスが良いです。国境鉄道はもちろんのこと、LCCも整備されているため、ドイツに留学しながら、その他のヨーロッパ諸国の文化や生活にたっぷり触れることが出来るでしょう。

 
【4】海外で働きたい人の経験の場になります。ドイツは日本からワーキングホリデーのビザを取ることが出来る国です。そのため、留学をしながら将来の海外におけるキャリアをより具体的に展開していくことが出来るでしょう。
【5】芸術やスポーツを堪能することが出来ます。ドイツはサッカーをはじめとして、様々なスポーツが盛んな国となっています。国をあげての応援は見応えもあるでしょう。た、バレエやオーケストラなどの芸術公演も盛んです。現地ならではの発表に格安で触れるチャンスがたくさんめぐってきます。

 

 

 

一方で、ドイツ留学におけるデメリットもいくつか存在しています。

 

ドイツに小中高学生が語学留学するメリットとデメリット5個

【1】日本との様々なギャップに苦しむ可能性もあります。特に初めての留学生活の場合、海外生活というだけで文化の違いが壁となってしまうパターンは少なくありません。人間関係に疲れてしまったり、コミュニケーションがうまくいかず友達が増やせないと、慣れない土地での生活にギャップばかり感じてしまい、嫌になってしまうケースも珍しくありません。
【2】階級社会にコンプレックスを抱く可能性もあります。ドイツはやる気次第でどんどんステップアップしていける社会となっていますが、一方でその階級を重んじる風潮になっています。そのため、学歴や語学力によってコンプレックスを感じたり、ちょっとした躓きを予想以上に重く受け取ってしまいやすくなったりします。

 

ドイツに留学する際には、経済的な安定や高い教育水準、暮らしやすい治安などのメリットを重んじると共に、日本との生活ギャップや習慣の違いなどを的確に把握するようにしましょう。

 

その上で、留学生が多い学校を選んだり、友達が作りやすいコミュニティを選択できるようにしたり、生活都市を絞り込んだりするのがおすすめです。

 

 

関連記事

最新記事一覧