小中高大学生で留学する場合の情報提供しています。主にシンガポール、ニュージーランド、フィリピン、オーストラリアなどを掲載しています。

セブ島留学したら】スーパー・ショッピングモールの日常買い物はどうする?【セブン】

フィリピンセブ島買い物

セブ島にコンビニ(セブンなど)はどれだけあるのか?また24時間なのか?日本との商品の違いなど

日本ほど店舗数は多くありませんが、セブンイレブンなどの日本でも有名なコンビニチェーンも出店しています。

 

 

日本の企業がここまで進出しているのかと親しみを感じ、ついつい立ち寄ってしまいますが、日本ほどサービスは充実していませんでした

 

 

なかでも、店員が勤務中にもかかわらずレジでアイスを食べていた時は驚いたものです。

 

 

また、24時間営業のところもあると思いますが、よっぽどのことがなければ夜に出歩くという行為は犯罪に巻き込まれる可能性がかなり高く、危険です

 

 

そのため、日本のコンビニのようにふらっと立ち寄れる便利なものではありません。

 

 

商品も日本のコンビニと異なり、日本食品を売っていることはあまりありません。仮に売っていたとしても、価格は日本の3倍はするでしょう

 

 

あくまで、フィリピンの食品が売っているというようなイメージです。

 

普段使うのはコンビニ?スーパー

品揃えの良さや値段の安さから、私は常にスーパーを利用していました。向こうのスーパーは日本よりも規模が大きく、いろいろなものが売っているので楽しいです

 

 

反対にコンビニは、日本と同じように小規模な空間で様々なものを売ってはいますが、比較的価格が高いものが多かったです。

 

 

また、日本のようにコンビニ限定のお菓子や食品に力を入れているというわけでもありません。

 

セブ島での物価相場について

物価は日本に比べ3分の1ぐらいでした。基本的に食料はそのぐらいの価格で、お菓子なども買えます。なかでもフルーツがよく取れる国ということもあり、安かったりします。

 

 

その一方で、日本製のお菓子やインスタント食品は日本の3倍ほどの値段がしました

 

 

日本人なので日本食が恋しくなりますが、価格が高すぎて手が出しにくいので持っていくのが無難です。

 

スーパーの商品の品ぞろえ、値段について

スーパーはコンビニに比べてかなり品揃えが豊富です。日本でもそうですが、そもそも広さ自体が違うので仕方ないと思います。

 

 

値段も日本と同じで、コンビニはかなり高く定価ぐらいの値段で売っているのが通常です。安く買いたいのであれば、スーパーに行くことをおすすめします。

 

ショッピングモールはあるの?

あります。かなり大きいところがあり、楽しいので、一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

セブ島のショッピングモールなどのトイレ事情(ウォシュレットはあるのか、トイレットペーパーはあるのか?)

ショッピングモールのトイレはそれほど利用したことがなく、うろ覚えですが、ウォシュレットはついてないように思います

 

 

フィリピンではトイレにシャワーみたいなものがついていて、それで洗うというような仕組みが大半になります。

 

セブ島のスーパーでクレジットカードが使えるところはあった?

スーパーの規模にもよりますが、基本的には使えることが多いです。不安であれば、レジでクレジットカードが使えるかどうかを確認されてから利用すると安心でしょう。

 

どんな服装が最適?好ましいのか?

基本的に日本の夏のような気候が一年中続いているようなイメージで良いと思います。そのため、夏に着るような半袖で十分です。

 

 

ただ、女性の場合あまり露出度の高い服を着ていると犯罪に巻き込まれかねませんので、十分注意してください。

 

セブ島のショッピングモールなどでの空調の温度

基本的には冷房が効いているのでかなり快適に過ごせます。冷え性の方は、なにか羽織るものなどを持っていってもいいかもしれません。

 

 

関連記事

最新記事一覧