小中高大学生で留学する場合の情報提供しています。主にシンガポール、ニュージーランド、フィリピン、オーストラリアなどを掲載しています。

インドに小中高校学生が留学するメリットとデメリット計6つ【物価・費用】

ws000049

急成長を遂げる国として世界的に注目を集めるインド。

 

ビジネスだけでなく留学先としても人気が高まっています。インドというと暑さとカレーという古典的なイメージがつきまといますが、語学留学の地としてみた場合はどういった評価なのでしょうか。

 

今回はインド留学のメリット・デメリットについて解説します。

 

インド留学のメリット

インド(ニューデリー、デリー、ムンバイ、コルカタ、チェンナイなど)に小中高校学生が留学するメリットについて話していきます。

 

【1】ハイレベルな英語が学べる

インド(デリー、ムンバイ、コルカタ、チェンナイなど)はもともとイギリスの植民地だった歴史を持つ国なので国民の英語レベルが非常に高く、英語を学ぶには絶好の留学先です。

 

留学生に授業をする講師はインドでもトップクラスのエリートばかりなので授業レベルは高く、初心者向けのコースからビジネスマン向けの実践コースまで充実した授業で確実な実力アップが期待できます。

 

インドの英語と聞くと「なまり」が気になるかもしれませんが、留学生相手に訛りのある英語を教えるようなことはないので心配はいりません。

 

本場イギリス式のきれいな発音を学べるので、世界中どこでも通じる実践的な英語が習得できるでしょう。

 

【2】費用(物価)が安い

インドだけに限らず留学で一番気になるのが留学費用です。インド(デリー、ムンバイ、コルカタ、チェンナイなど)は物価が安いこともあって留学にかかる費用を安く抑えることができます。

 

食費などの生活費はイギリス留学の半分以下で済みますし、ホームステイや寮などの住居費用は滞在先にもよりますが3分の1程度です。

 

語学学校の授業料も欧米の学校の半額程度なので、留学にかかる総費用は欧米留学の3分の1程度に抑えられます。

 

徹底的に節約すれば150万円程度で1年間留学することも不可能ではありません。

 

【3】世界各国の人達と知り合える

急成長を遂げるインドには世界各国から留学生が集まります。

 

英語を学ぶためにやってくる留学生以外にも世界トップレベルのコンピュータ分野を学びにくる留学生も多く、世界各国の人たちと知り合うことができるでしょう。

 

将来的に世界を股にかけてビジネスをする気があるのなら、留学中の人脈作りも大切な目的の一つです。インド留学時代に培った人脈は今後のビジネスに大きく役立ちます。

 

インド留学のデメリット3つについて

 

インド(デリー、ムンバイ、コルカタ、チェンナイなど)に小中高校学生が留学するデメリットについて話していきます。

 

【1】現地の情報が少ない

インド(デリー、ムンバイ、コルカタ、チェンナイなど)に滞在してる日本人は約5000名しかおらず、欧米の先進国と比べると圧倒的に少数です。そのため現地の生の情報を日本語で得る機会が少なく、留学前の下調べは簡単ではありません。

 

コーディネーターや留学サポート期間などの情報はありますが、現地で暮らしている人の情報が入らないのは大きなデメリットです。

 

 

【2】留学先が少ない

インド(デリー、ムンバイ、コルカタ、チェンナイなど)の留学受け入れ体制は年々充実してきていますが、オーストラリアやアメリカなど留学大国と比べるとまだまだ貧弱です。

 

留学生を受け入れている語学学校の数は少なく、留学先の選択肢は少数にとどまります。トップレベルの学校に比べると授業内容が充実していない学校も多いため、留学先選びに失敗すると満足の行くレベルの授業を受けられない可能性もあります。

 

【3】食事が個性的

インドの食事といえばカレーが思い浮かびますが、実際の食事も香辛料が効いたスパイシーな料理が中心です。寮で食事が出される場合はインド料理ばかりとは限りませんが、総じて個性がつよいため食事が合わないと強い拒否感を感じてしまうかもしれません。

 

日本料理を食べられるお店も増えてきていますが、価格は高めなので毎日通うのは経済的に厳しく、食事が留学中の大きなストレス源になる可能性もあります。

 

自炊できるのなら好みの食事にありつけますが、全てを外食で賄おうと考えるのなら食事の相性は非常に重要な問題になるでしょう。

 

インドは留学する場合のまとめ

 

インド(デリー、ムンバイ、コルカタ、チェンナイなど)は成長著しい国であり、活気あふれる環境で英語を学ぶことができます。個性が強く馴染むまでに苦労するものの、うまく馴染めれば非常に居心地の良い国です。

 

英語を学べる国はたくさんありますが、インドでしか経験できないことはたくさんあります。インド文化への興味などを総合的に考えてインド留学を検討してください。

最新記事一覧