小中高大学生で留学する場合の情報提供しています。主にシンガポール、ニュージーランド、フィリピン、オーストラリアなどを掲載しています。

アイルランド留学しALL(アクティブランゲージラーニング)に入学した話【女性体験談】

WS000015

アイルランドってどこにあるの?

アイルランドってどこにあるかご存知でしょうか。

すぐに答えられる方は本当に少ないと思います。

 

 

最近では、イギリスのEU離脱問題で少しアイルランドが話題に上がったことで知っている方もいるかもしれません。

アイルランドはイギリスのお隣にある北海道ほどの大きさの島国です。

 

 

1年を通して気温差は日本ほどなく、冬は6度ほど。

夏は20度いくかいかないかのとても過ごしやすい気候です。

 

 

また、言語については第一言語はアイルランド語と言われています。

しかし、現在はほとんどのアイルランド人が、英語を第一言語としており、逆にアイルランド語を上手く話せない人も多いようです。

 

 

なぜ、イギリスではなくアイルランド?

 

 
英語を学ぶにあたって、有名なイギリスではなくどうしてアイルランドを選んだのか、よく質問されました。

はじめはもちろんイギリスも視野にいれていました。

 

 

しかし、物価の高さ、あと情報が多すぎて何を信じていいのかわからず、最後には全くイギリスに魅力を感じなくなりました。

 

 

そんな時、お隣の国アイルランドが英語を学べて、しかもイギリスよりも物価が断然安い

色々調べてみるとアイルランドの情報が少ないながらも、マイナスのイメージを持つような内容はほとんど見ませんでした。

 

 

そうしていくうちに、アイルランドにとても惹かれていきました。

今思うと、情報がありすぎるよりもまだあまり知られていない国にとても興味を持ったのだと思います。

 

 

語学学校ってどんなところ?

 

 
私が通ったのは『Active Language Learning(アクティブランゲージラーニング)』という学校でした。

 

 

中心地から少し離れた所で、海が近くとても良い環境の学校でした。

 

 

朝は9:30から1時間目がスタートし、お昼休憩が30分、12:00から2時間目が始まります。

 

 

1コマが2時間で、レッスン内容は1時間目が文法メインになり、プリントを中心に授業が進められます。

2時間目がスピーキングメインで、ここではほとんど話し合いやゲームの授業でした。

 

 

人数は一クラス12人ほどです。

日本人の割合は1割いくかいかないかではないでしょうか。

 

 

ブラジル人が多いですが、これはどこの語学学校」も同じだと思います。

私が通っていた時は、フランス人、サウジアラビア人、韓国人、イタリア人、ポルトガル人、スペイン人など色んな国の人がいました。

 

 

時期によっても異なるようなので、よく日本人何パーセントと書かれているのはあまり信じないで実際に学校に問い合わせてみるのが一番だと思います

 

 

校内の中ってどうなってる?

 

 
トイレは各階にあり、男女も分かれています。

よくトイレットペーパーがないことがあり焦った記憶があります。

 

 
また、教室はほとんどの教室が広々としています。

暖房もしっかり効いていますので、冬も寒くありません。

 

 

建物自体は新しくはないので古いですが、とてもきれいな内装だったと思います

校内にはとても小さいですがカフェテリアもあり、休憩時間には多くの生徒で賑わっています。

 

 

語学学校に通ってよかった?よくなかった?

 

 
正直どちらかというと良かったと思います。

 

 

私はほとんど英語が話せませんでした。

中学1年生の1学期に習う単語しか話せないほどです。

 

 

しかも、覚えも悪い。

英語でコミュニケーションを必要とする国に住んでいるのに、全く話せないのは問題です。

 

 

学校では色んな国の人と英語で必ず話さなければなりません。

しかも、みんなが英語を学びに来ていろので、モチベーションも同じなので仲良くなり、友達もできます

 

 

私もここで何人もの友達を作ることができました。

その友達とは、今でも連絡を取っています。

 

 

ただ、ここの語学学校に通って少し失敗したなと思ったのは、授業時間が長すぎたことです

 

 

日本語の授業でさえ2時間は長く感じるのに、何を言っているか理解できない授業を2時間も集中して英語を聞き取らなければならないのです。

 

 

これは本当に苦痛でした。

集中して聞かないとすぐに何のことを言っているのか、何をしなければいいのかを見失ってしまいます。

授業終了後は毎日疲れきっていました。

 

 
しかし、語学学校に通うことは強くお勧めいたします。

知らない国で人とのつながりを持つためのツールとして、とても大切な場所だと私は思います。

関連記事

最新記事一覧